中堅会計人yonの這い上がり日記

2010年11月10日

東京遠征(成年後見人編)

こんばんわ!

本日は、東京に来ています!全国地域医業研究会という医業団体の会合がありました。

まぁ、8月が1年間の締め月であったこともあり、1年間の活動報告と今年1年間の活動予定をご報告させて頂いたことと基調講演がありました。

基調講演は、「成年後見人事業の展開」について。

高齢化社会となり、それに伴い残念ながら判断能力が低下してきている方も増えてきています。判断能力が低下して自分の財産が自分自身で管理できないような状況になると、不当に財産を喪失したり、生活資金にも困るような状況を招きかねません。これは、身寄りのないお年寄りだけに限らず、自分の親であっても重大な問題です。高齢化社会にも対応できる制度として成年後見人制度が成立しました。

成年後見制度で出来ることとして、以下のものがあります。

@財産管理
・金融機関とのすべての取引
・居住用不動産の維持・管理
・日常生活での金銭管理などなど

A身上監護
・病院等の受診、入退院等に関する契約、費用支払
・本人の住居の確保に関する契約、費用支払
・福祉施設等の入退所、通所に関する契約、費用支払などなど

Bその他
・相続手続
・手続き上の異議申立
・裁判手続き

その他にも、具体的なお話や事例紹介などをして頂きながら、これからの医業を担っている会計人の1つのビジネスをご紹介して頂きました。

まぁ、とりあえず、今年は九州地区の活動を盛り上げていきたいと思っています!!

これから、懇親会です!!それについては、また明日にでも!!
posted by よん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169068402

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。