中堅会計人yonの這い上がり日記

2010年10月30日

意思決定とは?

こんばんわ!

昨日、アップしたつもりだったのに、アップ出来ていなかったですね。よくよく見てみると、途中で保存したことで「非公開」になっていて、そのままアップしていたからというドジ(笑)ごめんなさい!!

やっぱり、酔っぱらいでアップするのはいかんですな〜。

さて、普段から「意思決定」という単語を使うわけですが、「意思決定」とは何か?

やるべきことが複数ある場合、その中から「やるべきこと」、「やらないこと」を決めるのが意思決定です。

また、やるべきことがほとつでも「やるか、やらないか」の選択肢があります。こうしてみると、ほとんどの階層、さまざまな状況下で、日常的に意思決定がされているのがわかります。

意思決定の中で、ときにはやむをえず妥協しなければならない場面もあります。

しかし、何が正しいかがわからなければ、正しい妥協もできません。ですから、最初にすべきは正しい質問だと考えます。それから、正しいと思われる結論を出すことです。

ところが多くの場合、はじめから「上司に受け入れてもらうこと」を基準に意思決定しがちです。しかし、これは間違った意思決定です。

はじめから上司の顔色をうかがい、上司のお気に入りの答えを出そうとすると、妥協に妥協をかさね、本来の目的を見失った意思決定をする可能性が多くなります。

ドラッカー氏は、意思決定の基準として以下の様にしています。

@問題を分類する
A意思決定の目的を確認する
B複数の解決策を出す
C実行手段に落とし込む
D徹底的に実行する
E結果を評価して次の行動に活かす

通常は、意思決定というと、Cまでで終わっています。たしかに、決定のプロセスだけを考えると、これで十分のように思われます。

しかし、何のために意思決定かを考えるとD、Eの重要性がわかってきます。意思決定は、どのように行動するかを決めるために行うのです。

また、物事を別の角度から見ると、まったく違うものに見えることがあります。同じように、意見の対立を必要とするのは、違う視点で見ることで、問題や課題解決の本質に迫ることができるようになるからです。

やはり、異なる意見をぶつけるということは大切ですよね!!
posted by よん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。