中堅会計人yonの這い上がり日記

2010年10月15日

大変化!

こんにちは!

遠征日記も終わったんだけど、今も遠征中です(笑)
今日は(現在、14日)福岡にいます。
うちの事務所は、地域医業研究会という団体の九州支部代表をさせて頂いているんだけど、そのセミナーで来ています。その話は、別にしますね。

昨日は、福岡に行く前に、佐賀のお客様のところへ訪問してきました。そこは、建設業のお客様なんだけど、この1年間で大変化!!昨日の打合せでビックリすることがありました!
そこは、以前から、公共依存型の企業体質でした。計画立てても、売上構成の6〜7割は公共工事。「当たればハッピー、外れれば悲惨」な位にまるで宝くじ状態の入札状況の中、常に綱渡りの経営をしていました。

これじゃ、ダメだ‥とわかっているけど、なかなか変わる為の一歩を踏み出せずにいました。

しかし、1ヶ月はあっという間に過ぎていきます。公共工事をとることもできず、利益を乗せた目標限界利益はおろか、赤字にならない為の必要限界利益すら確保できないかも‥と社長と頭を抱えていました。


公共工事以外でも、成長しそうな商品はあったので、そこを伸ばそう!!と決め、前期の1年間は新しい仕事を創る戦いをしてきました!

昨日は、今期の受注予定の確認をしたんだけど、ビックリ!!今期は、始まったばかりだけど、既に目標限界利益の90%弱を確保できる受注が見込まれていました。しかも、公共工事の構成比は40%まで落ちています!新たな事業や民間工事などが多くを占めています。1年間かけた動きが実を結び始めてきました!!社長自身も、ここまでなっているとは思っていなかったみたいで驚いてたね(笑)


「今後、5年で今の様な仕事は無くなる」


社長がよく話されることです。自分が新しい仕事を創る戦いをして、改めて実感したとのこと。

「目の前の仕事を確保する事も大事だけど、生き延びるには今からでも新しい仕事を創っていかないと。このままだと、バタバタ倒れる企業が増えてくるよ。でも、周りの人に言っても、聞き流される。もう、変人扱いだよ(笑)」


今までは、自分のテリトリー内で仕事を取りに行く事が当然で、テリトリー外の地域の仕事を取らないのが「鉄の掟」でした。しかし、最近では、大手の企業さんがテリトリーを侵して仕事を取りに行くことも出てきました。周りの目なんて気にせずです。大手の企業さんでも、なりふり構わずに仕事を取りに行くのに、中小企業が安穏としていては、仕事が無くなって当たり前です。


「なら、社長が成功事例となって伝えていく役割を担っていけばいいんじゃないですか?」


おそらく、地域でもそういう役割を求められる人になるのではないかと思わせてくれる社長です。それにしても、ここまで変わるとは!今後も楽しみなお客様です!!


みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが「よん」のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中堅会計人「よん」に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif
posted by よん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の仕事の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165737647

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。