中堅会計人yonの這い上がり日記

2010年10月13日

遠征日記 その3

こんにちは!

今日も、昨日の続きから。

今回は、「社長、計画は今まで作ったことありますか?」という質問から計画を作るメリットをお伝えしました。

「計画、計画って言うけどさ、計画を作ったら、何が変わるの?」

この質問、一番困る質問です(笑)

計画を作る重要性は認識しているけど、「何がどう変わる?」って考えたこともない事でした。この質問を大ボスにされた時は、固まった記憶が鮮明に残っています!むしろ、トラウマな位に(笑)

でも、実際に僕も自分の計画を作って、検証したりしているわけだけど、そこから考えている事は大きく2つです。

@ 数字の羅列になっていないか?
計画を作っている社長がいたとしても、「数字の羅列」だけの計画になっていないか?どうして、達成できないのか?絵に描いた餅になってしまうのか?

その理由を一言で表すと「社長の魂が入った」計画になっていないからだと思うんです。
 
会計事務所に作ってもらった計画、経理部長に作ってもらった計画計画といっても、十人十色です。そうではなく、社長自身が会社のビジョンを描いて、そこまでの達成計画を作るからこそ数字が「羅列」ではなく「魂が入った」ものになるんだと思うです。その為には、根拠が明確になるアクションプラン(行動計画)をこれでもか!って位に作らないといけないと思います!

A 本当の計画は自分だけのものにしない!
数字の羅列ではなく、社長が「確信」をもった内容の計画が出来たら、みんなで共有したくなるはずだと思うんです!少なくとも、僕はそうです。「いい!!」って思ったことは言いたくなりますから(笑)「聞いてよ!これ、良くない?」みたいな(笑)だからこそ、経営計画発表会をすると全社員が一丸になれるんだと思うんですよね。
 
おそらく、計画を作っても「変わる」とか「結果が出た」という経験をしたことがない社長はこういう事を踏まえた計画にしていないんだと思うんです。だから、計画を作って何が変わるか?と聞かれたら、こう答えます。
 
「全てが変わるんです!!」

もう1つ。社員が会社に何を求めているか? 答えれる社長って少ないです。「給料」でしょ?なんて言う方が大半です。

意外って思う方が多いんだけど、社員って「これから会社がどうなっていくのか?」、「俺はこの会社にいて大丈夫なのか?」って思ってる方が多いんです。要は、「安心感」を求めているんです。
 
まぁ、そんな事をお伝えして、「OK」という返事を頂けました!とりあえず、上手くいったことに安堵感(笑)気づけば、顔は熱いし、汗はかいているのに、口の中はパサパサ(笑)
 
何とか、看板に泥を塗らなくて済んだかな??
 
つづく

みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが「よん」のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中堅会計人「よん」に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif
posted by よん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。