中堅会計人yonの這い上がり日記

2010年10月12日

遠征日記 その2

こんにちは!

今日は、昨日の続きから。
 
頭は真っ白、かなりの挙動不審の状態で壇上へ立ち、ご挨拶。
 
と・・・とりあえず、先制パンチを打っておかなくては!!
 
「え〜、私、こういう場でお話することが初めてで『かなり!!』緊張しています。ですので、『温かい目』で見てあげて下さい!!」
ふぅ。とりあえず、これでいいだろう(笑)

そこから、ロープレする会社の概要説明。利益は出ているのに、資金が回らないという「黒字倒産」の危険性がある会社に対して、どうやって5ヶ年計画策定セミナー(将軍の日)に来て頂くか?というロープレをさせて頂きました!!
 
■前年実績でこのまま推移すると、3年目で資金が無くなること

理由1.借入を返済できるだけの売上が確保できていない
理由2.売上債権の回収と仕入債務の支払バランスが悪い(支払先行型)

こういう課題・理由から以下の質問をしました
@ 現在の借入を返済するには、あと1億の売上を増やさなくてはいけない。それがイメージできるか?
A この2年で3名の採用をしたものの、1人当たり生産性が落ち込んだままであるが、研修計画などは明確か?
B そもそも、会社のビジョンを共有しているか?社員に対して、期待像(君にはこうなって欲しい!とかこういう勉強してみたら?)を伝えるコミュニケーションをしているか?

やはり、「先の事を考える」という行為は「しなくちゃいけない」ってわかってはいるものの、目先の仕事に追いかけられてしまう社長が大半です。でも、「それじゃいけない!」っていう事もわかっているんです。そういう葛藤をしている社長の背中を押すことが自分たちの役割なんですよね。
 
「社長、お忙しいでしょうけど、1日だけお時間を頂けないですか?改めて、会社の原点に立ち返る意味でも、5年後の姿を一緒に考えさせて下さい。」

いつも、僕はこの言葉から社長にこのセミナーのご提案を始めさせて頂いています。
 
「1日!?忙しいから無理だよ〜。午前中だけならいいけど・・・。」
大体、こういう返答が返ってくる事が大半です(笑)
 
「1日も俺が現場を離れたら、仕事が回らないしさ〜」
こんな言葉が矢継ぎ早に出てきます(笑)

「あのね、社長。3年後にはお金が回らなくなるんですよ?ここで、1日離れたからといって会社が潰れますか??会社が無くなったら、何もかもないんですよ?いいから騙されたと思って来て下さい!!!」

・・・気心知れている社長には、こんな話をして無理矢理でも連れてくるんですけど、今回はそうもいきません(笑)
 
まぁ、こんな若造にそういう内容や強引な言葉使われたら、逆に「カチン!」とこられる社長も少なくありません(笑)うま〜く提案することも出来るんでしょうけど、僕はなかなか(笑)
 
今回は、「社長、計画は今まで作ったことありますか?」という質問から計画を作るメリットをお伝えしました。

つづく

みなさん、まずはワンクリックお願いします(´∀`*)

ランキングをあげることが「よん」のモチベーションに繋がります!!
ココをクリッククリック♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中堅会計人「よん」に、清き一票をよろしくお願い致します

click.gif
posted by よん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165334784

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。