中堅会計人yonの這い上がり日記

2009年05月30日

投資

こんばんわ。よんでございます。

今日は、「固定比率」について。

固定比率って固定資産への投資と自己資本のバランスを見る比率です。
固定資産への投資は回収に長時間かかります。だから、過剰な投資は資金繰りを悪化することに繋がります。

簡単にいうと、固定比率は自己資本に対する固定資産の割合です。
これが、100%を下回っていれば自己資本でまかなえているってこと。

でも、100%を超えていると、今の時代でいうと、一旦金融機関の引き締めが強くなれば一気に資金繰りが悪化することが考えられます。だから、計画的な投資計画をたてることで実行してもらいたいものです。

ちなみに、自己資本と固定負債で固定資産をまかなえているか?という指標を「固定長期適合率」といいます。最低でも、これで固定資産はまかなっていないと無駄な投資をしていることになります。それでも、投資計画などを立てて計画的に実行していることが前提ですけどね。

ちゃんと、範囲内におさまっていますっか?
posted by よん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 第2部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。